バスガイドの平凡日記(記録用)


by vnyhrz09qj

カテゴリ:未分類( 54 )

 日本司法支援センター(法テラス)のスタートとともに、「司法過疎地」の新潟・佐渡島へスタッフ弁護士1期生として赴任した冨田さとこさん(29)が3年余りの間、多重債務に苦しむ島民の過払い金4億1000万円を取り戻すなど奮闘し、この春、沖縄に転任する。

 冨田さんは「小さな島から日本を俯瞰(ふかん)しているような毎日だった」と振り返る。

 東京23区の約1・4倍の面積に6万5000人が暮らす佐渡島。法テラス開設前は、男性弁護士(70)が1人だけだった。冨田さんは「過疎地で何でも一人でこなし、成長したい」と希望した。

 高校生の頃に弁護士を志し、都立大学(当時)で熱気球部の部長を務めながら、在学中に司法試験に合格。都内の法律事務所で2年間経験を積んだ。先輩に「事件なんか少ないよ」と言われて赴任した。

 ◆相談4割が多重債務◆

 ところが、事務所を開く前日から、相談予約の電話が鳴り続けた。これまでに受けた相談は1000件を超えた。4割を多重債務が占める。相談した人たちは「これまではどこに相談すればいいのかわからなかった」「船で本土まで出かけなければならなかった」と話す。

 4000万円の借金を抱える50歳代男性漁師の相談を受け、自己破産して再出発を図るための手続きを進めている。父親が残した漁船の新造時の借金に住宅ローンなどが重なり、魚の価格低下による収入減で返済が滞った。自宅が競売にかけられた男性は、「どこから手を付けていいのかわからなかった。暮らしにめどがついた」と話した。

 農漁業が盛んな佐渡は、島民の結びつきも強く、日々の暮らしには困らない。だが、現金収入源が少なく所得水準が低い。ひとたび借金して利息がかさむと、たちまち返済に窮する。

 冨田さんは「自己破産させないようにと周囲で支え合うことが、債務問題を複雑にしている」と話す。初対面の相談者に必ず、「ほかに誰か借金している家族はいませんか」と尋ねるようになった。

 ◆過払い金4億取り戻す◆

 利息制限法の上限金利を超えて借り手が払わされた「過払い金」のケースも多く、300件以上の返還請求訴訟を起こすなどし、取り戻した額は約4億1000万円に達した。

 悪質な訪問販売の被害に遭って自宅を競売にかけられたお年寄り、日々の米を買うために消費者金融の無人契約機で借金を重ねる若い女性……。法テラスには様々なケースが寄せられる。

 認知症を患う女性が「お金を取られる」とヘルパーをどなりつけるようになり、社会福祉協議会から相談を受けた冨田さんは、成年後見制度の後見人になった。女性の財産を管理し、ヘルパー利用を続けられるよう介護施設と契約した。

 「司法、福祉、介護などの専門家が連携すれば、多くの人を支えられる。弁護士の新たな可能性が見えてきた。近所の世話焼きおばちゃんのような弁護士でありたい」。3月、沖縄へ転任し、裁判員裁判で弁護活動に携わる。

 ◆法テラス=身近な法律相談の窓口として、2006年に業務を開始した法務省所管の独立行政法人。民事事件の弁護士費用立て替え、刑事事件の国選弁護制度運営、法的トラブルに関する情報提供などを行う。地裁の所在地50か所のほか、離島など弁護士が不足している26か所に司法過疎地域事務所を設けるなど計97か所に事務所がある。スタッフ弁護士は約200人。弁護士費用立て替え利用は、07年度6万8910件、08年度8万442件。09年度は10万件を見込んでいる。

小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会(産経新聞)
<「ゴーギャン展」サイト>ウイルス攻撃受け、改ざん(毎日新聞)
橋下知事就任2年 「高支持率 内実伴ったものに」富野暉一郎・龍谷大教授(元逗子市長)(産経新聞)
<1票の格差>衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁(毎日新聞)
名古屋3人死亡ひき逃げ、運転の男を逮捕(読売新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-11 23:55
 山口県萩市の萩博物館で6日、館蔵品を展示する企画展「萩博物館のお宝」が始まった。

 未公開の資料など約70点を展示。吉田松陰が松下村塾の塾生に書物の執筆を依頼する新発見の書状もある。

 書状は、松陰が江戸に送られる直前の1859年(安政6年)5月15日付。塾で使用されていた原稿用紙に書かれ、塾生の入江九一にあてている。全体で2枚程度とみられるが、防府市の旧家から後半の1枚が同館に寄託された。

 「天朝去年ノ一大事ノ大略ヲ初メ、諸藩ノ風聞等ヲ真仮字ニテ録シメ一著トセント思フ。遂ニ暇ナシ。足下急ニ是レヲ果タスベシ」などと記され、世の中の動きを著作にしようとしたが、執筆の時間がなく、実現を託す内容。「一大事」は、朝廷の意向に反して幕府が調印した日米修好通商条約とみられる。

 入江は、高杉晋作や久坂玄瑞らと並ぶ「松門四天王」の一人で、松陰は自分の志を受け継ぐ塾生として期待していたという。当時、松陰と入江は萩で別々に投獄されていたが、書状のやりとりをしており、入江が出した「著作は謹んで引き受ける」とする書状は見つかっていた。

 樋口尚樹副館長は「江戸送りを前にした松陰の心情や入江への期待感がうかがえる。入江の書状の理由も明らかになり、空白を埋める貴重な資料」と話す。

 同展は4月7日までで、会期中は無休。観覧料は大人500円、高校・大学生300円、小中学生100円。

核密約調査 岡田外相「3月に結果」(毎日新聞)
大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
比較的少なかったはずの新潟市でも81cm大雪(読売新聞)
捕鯨妨害、調査に協力を=岡田外相(時事通信)
<訃報>長亨さん95歳=元東洋エンジニアリング副会長(毎日新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-11 00:01
 立春の4日、強い寒気が流れ込んだ影響で、北陸を中心に日本海側は大雪となった。気象庁によると、新潟県では24時間降雪量が一時60センチを超えた所もあり、山形県大蔵村は積雪が267センチに達した。北陸では6日にかけて降雪量がさらに増える恐れがあり、気象庁は注意を呼びかけている。

 4日午後3時現在の各地の積雪は▽北海道幌加内町208センチ▽新潟県十日町市235センチ▽岩手県西和賀町148センチ▽岐阜県白川村146センチ−−などで、平年を上回る所が多い。5日午後6時までの24時間降雪量は多い所で▽新潟県70センチ▽富山県50センチ▽石川県、福井県40センチ−−の見込み。

【関連ニュース】
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表

鹿大、同意なく 68人から採血 「研究目的」告げず(西日本新聞)
<公務員法改正案>首相要求で幹部異動 次官降格も容易に(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>警官追跡前は「カーナビ物色中だった」(毎日新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
<住基ネット>来年度は離脱せず…名古屋市長、半年かけ検討(毎日新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-10 02:00
 東京都教委は3日、都立白鴎高校付属中学(東京都台東区)で同日に実施した入学者決定のための適性検査で出題ミスがあったと発表した。都教委は受験者全員を正解扱いにする方針。

 都教委によると、ミスが見つかったのは「適性検査I」の大問3で出題された「問題1」の「資料9」。本来、「0・016町」と記すはずが「0・0016町」と1桁間違えていた。試験中に同中学教諭の指摘でミスが判明した。

 都教委は、同中学の全受験生(981人)に一律10点を加点した上で採点するとしている。

<氷河>ヒマラヤで年470億トン減少 琵琶湖1.7個分(毎日新聞)
民家にカモシカ、夫婦に大けがさせ、物置に“立てこもり” 福島・喜多方市(産経新聞)
妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕−茨城県警(時事通信)
新幹線架線切断で原因調査=定期点検は異常なし−JR東海(時事通信)
<AED>日本光電工業が自主回収 米国製405台(毎日新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-09 08:03
 成田空港で31日、オークランド行きのニュージーランド航空90便が離陸滑走中、急ブレーキをかけて停止したトラブルで、国土交通省成田空港事務所は1日、原因は副操縦士側の操縦かんの動きが鈍くなり、自動操縦解除のメッセージが点滅したためだったと発表した。

 機長の判断で急停止したという。

CBC、やらせの街頭取材「通行人」は関係者(読売新聞)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)
天皇陛下が風邪の症状(時事通信)
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝−大阪府警(時事通信)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-08 14:17
 奈良県警は6日、同県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」の理事長で医師の山本文夫被告(52)=詐欺罪で有罪判決を受け控訴、保釈中=と、医師の塚本泰彦容疑者(54)を業務上過失致死容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は共謀し、06年6月、十分な経験や技術がなく、人的態勢も確保しないまま、男性患者(当時51歳)の肝臓手術を実施。その際に肝静脈を損傷して大量出血させ、適切な止血をせず死亡させたとしている。これまでの任意の聴取に対し、山本容疑者は容疑を否認、塚本容疑者は認めているという。

 山本容疑者は生活保護受給者に心臓カテーテル手術をしたように装い診療報酬約835万円を詐取したとして、懲役2年6月の実刑判決を受けていた。【上野宏人、大森治幸】

【関連ニュース】
詐欺:預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
賠償訴訟:被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕
和牛商法:「ふるさと牧場」社長に懲役12年 東京地裁

冥王星 赤や黄などまだら模様に NASAが画像公開(毎日新聞)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
公益法人の事業仕分け実施=行政刷新会議に先行−国交相(時事通信)
遊園地で「ひら婚♪」いかが 枚方市・関大・京阪電鉄が手作り結婚式(産経新聞)
鳥取詐欺女、不審死の矢部さんと「もみ合いになった」…同居男に話す(スポーツ報知)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-07 15:25
 JR福知山線脱線事故(05年)で、「日勤教育が事故を引き起こした」として負傷者の男性会社員(23)が起訴を求めて審査を申し立てたJR西日本元運輸部長の橋本光人(56)、三浦英夫(59)両氏について、神戸第1検察審査会は、地検に再捜査を求める「不起訴不当」と議決し、29日公表した。地検が再捜査後、容疑不十分で不起訴とすれば、2人への刑事責任追及は事実上、終わる。

 議決は「2人は事故現場の危険性と運転士が過失を犯す可能性を認識すべき立場。検察は過酷な日勤教育や余裕のないダイヤ編成を過失と認定しておらず、再検討すべきだ」と指摘した。

 申立書では、橋本氏は01年3月〜04年6月、三浦氏は04年6月〜06年6月、運輸部長として懲罰的な日勤教育を進めた結果、運転士に精神的な圧力がかかり、安全配慮を怠り事故を引き起こした、としている。【吉川雄策】

【関連ニュース】
茨城男性死亡:3人の「不起訴不服」…審査申し立て
社説:検審初の起訴議決 法廷で真相明らかに
明石歩道橋事故:元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決
西松建設裏金:二階氏秘書を再び不起訴 検審議決受け再捜査も
茨城・牛久の飲食店経営者死亡:「不起訴不服」審査申し立て

大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害−最高裁(時事通信)
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価(医療介護CBニュース)
わいせつ殺人、起訴内容認める=裁判員裁判で43歳男−静岡地裁支部(時事通信)
秋田の不合格者、東京で採用も=小学校教員で共同選考(時事通信)
第一三共、4―12月期決算を発表(医療介護CBニュース)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-06 18:39
 政府は3日、国家公務員の幹部人事を一元管理するため新設する「内閣人事局」の局長について、松井孝治官房副長官を起用する方針を固めた。鳩山政権が掲げる政治主導を進めるには、政務の副長官が就く必要があると判断した。政府は来週に公務員制度改革関連法案を閣議決定し、国会に提出する。
 内閣人事局の設置に伴い、公務員人事は同局が作成した次官・局長級と部長級の2種類の幹部候補者名簿に基づき、首相や官房長官が適切な人材を選ぶ仕組みに変わる。
 局長は名簿作成を通じ、幹部人事に大きな影響力を持つことになる。松井氏は旧通産省出身で公務員制度に詳しいことから、就任が適当との見方が出ていた。 

【関連ニュース】
次官から部長に降格も=公務員制度改革で仙谷担当相
縦割り人事打破が狙い=実効性は不透明
公務員II、III種試験の日程発表=人事院
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

黒澤明財団、寄付金どこに? =3億8800万円、記念館計画−佐賀・伊万里市(時事通信)
裏金接待 前福岡副知事を収賄容疑で逮捕(毎日新聞)
小沢氏、東京地検の2度目の聴取認める(産経新聞)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
宮城県北部で震度4の地震(産経新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-05 23:25
 太陽熱でタービンを回し発電する「太陽熱発電」計画が、国内では約30年ぶりに復活する。石油ショック後の81年、香川県で試みられたが、採算面などの理由で中止。その後、東京工業大を中心に技術改良が進み、低コストの新方式を開発した。国内有数の日照時間を確保できる山梨県北杜市に、実験プラントを建設する計画が進んでいる。【田中泰義】

 計画を主導するのは玉浦裕・東工大教授(エネルギー転換)らのチーム。「温室効果ガス排出ゼロ」を掲げて開発が進むアラブ首長国連邦のアブダビで試験を重ね、実用化が期待できる出力が得られる見通しが立った。

 太陽熱発電は発電中に温室効果ガスを出さないうえ、「太陽光発電」と違い、蓄熱することで曇天や夜間でも発電が可能だ。欧州の業界団体などによると、世界の推定総発電規模は現在、原発4基分と少ないが、50年には世界の総発電量の最大12%を占めるまでに成長すると予想している。

 アブダビでは、地上に設置した1386枚の鏡で太陽光を受け、高さ20メートルのタワーの先端に集めた後、再び鏡で地面に下ろし、その熱で特殊な溶液を500〜1000度まで加熱。これを熱源にタービンを回して発電する。時々刻々と動く太陽を追尾できる独自の反射鏡を開発し、集熱効率を高めている。最大出力は100キロワットと電子レンジ200台分だが、山梨の実験プラントは約3倍の規模にし、将来的には実用に堪える100倍の出力を目指すという。

 チームによると、すでに商業化されている各国の発電コスト(トラフ型)は、1キロワット時当たりで火力発電の4倍程度とされる。

 玉浦教授は「新型はその半分を目指す。環境税が導入されれば、温室効果ガスを出す火力発電に課税されて発電コストが上がるので、両者の差はさらに縮まるだろう。エネルギーの安全保障上も重要な発電手段になるはずだ」と話す。

【関連ニュース】
太陽光発電:余剰電力買い取り、10年度の料金上乗せなし
シャープ:伊・スイスの会社と合併 薄膜太陽電池を生産
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
集光型太陽熱発電
太陽光発電:買い取り費用、料金転嫁なし−−来年度

ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)
新幹線架線切断で原因調査=定期点検は異常なし−JR東海(時事通信)
<新潟水俣病>和解協議へ 患者団体決める 未認定救済で(毎日新聞)
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
小沢氏事務所から2000万円押収 東京地検 保管経緯など解明へ(産経新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-05 00:56
 山田洋次さん(78)が共同監督になり、立命館大映像学部の学生が製作に加わった「京都太秦(うずまさ)物語」の完成披露試写会が31日、京都市中京区のMOVIX京都であった。

 京都・太秦の大映通り商店街の人々の恋物語で、実際に同商店街で撮影し、商店街の人々も出演している。学生22人は監督や撮影の助手を務めた。5月に同館で公開予定。

 「主役は学生です」と言う山田監督だが、「失敗したら腹を切る」という自信作。太秦の商店主らも「よーい、スタート」と活気を取り戻すきっかけに、と期待を寄せる。【小川信】

【関連ニュース】
ベルリン映画祭:山田洋次監督「おとうと」を記念上映
山田洋次監督:「ベルリン」特別功労賞を受賞
注目映画紹介:「おとうと」 姉弟を中心に家族のきずな描く “山田組”独特の笑いと涙の物語
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 休日は文鳥を放し飼い「プライベートを楽しく」
彼女がキレイな理由:蒼井優さん 山田組は「リアルな芝居の上の芝居」 ベテランの教えで開眼

空自 国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
<谷垣総裁>消費税10%以上必要(毎日新聞)
「少女エステ」従業員ら逮捕=児童福祉法違反容疑−神奈川県警(時事通信)
昨年の自殺3万2753人=504人増、過去5番目の多さ−警察庁(時事通信)
「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調−鳩山首相(時事通信)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-02-04 02:13