バスガイドの平凡日記(記録用)


by vnyhrz09qj

がん検診 受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)

 がん検診の受診率向上を訴える「がん検診50・フォーラム」が24日、東京都内で開かれた。職場などで行われる検診の充実のため、厚生労働省の委託で今年度始まった推進事業「がん検診企業アクション」の一環。毎日新聞社など62団体(従業員総数約36万人)が「推進パートナー」として参加している。

 元毎日新聞記者でジャーナリストの鳥越俊太郎さん(70)が5年前、血便ですぐ受診。進行した大腸がんが見つかり、以後4回の転移がんの手術を受けた体験を報告。「早期発見、治療で命を長らえることができる」と話した。

 続く対談で、厚労省の「がんに関する普及啓発懇談会」座長を務める中川恵一・東京大医学部付属病院准教授は、現役時代の検診が重要で「特に女性のがんは30〜40代に多い。受診率は欧米よりかなり低く、企業がしっかり取り組んでほしい」と訴えた。

参院選公約、3本立てで=地方版、業界向けも作成へ−自民(時事通信)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
警告件数を水増し、巡査2人処分=埼玉県警(時事通信)
「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
[PR]
by vnyhrz09qj | 2010-03-29 23:04